十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

笹山日記|十日町市教育委員会

HOME > 笹山日記
笹山日記

2019年11月 (1) 

2019年10月 (1) 

2019年09月 (6) 

2019年08月 (11) 

2019年07月 (12) 

2019年06月 (2) 

2019年05月 (1) 

2019年03月 (3) 

2019年02月 (3) 

2019年01月 (2) 

2018年12月 (2) 

2018年11月 (1) 

2018年10月 (18) 

2018年09月 (10) 

2018年08月 (13) 

2018年07月 (15) 

2018年06月 (13) 

2018年05月 (2) 

2018年04月 (2) 

2018年03月 (2) 

2018年02月 (4) 

2018年01月 (3) 

2017年12月 (5) 

2017年11月 (4) 

2017年10月 (5) 

2017年09月 (4) 

2017年08月 (4) 

2017年07月 (4) 

2017年06月 (10) 

2017年05月 (3) 

2017年04月 (3) 

2017年03月 (5) 

2017年02月 (11) 

2017年01月 (5) 

2016年12月 (5) 

2016年11月 (8) 

2016年10月 (4) 

2016年09月 (6) 

2016年08月 (9) 

2016年07月 (6) 

2016年06月 (8) 

2016年05月 (5) 

2016年04月 (7) 

2016年03月 (25) 

2016年02月 (25) 

2016年01月 (21) 

2015年12月 (20) 

2015年11月 (20) 

2015年10月 (22) 

2015年09月 (20) 

2015年08月 (21) 

2015年07月 (20) 

2015年06月 (18) 

2015年05月 (16) 

2015年04月 (21) 

2015年03月 (27) 

2015年02月 (22) 

2015年01月 (22) 

2014年12月 (20) 

2014年11月 (22) 

2014年10月 (23) 

2014年09月 (23) 

2014年08月 (22) 

2014年07月 (24) 

2014年06月 (24) 

2014年05月 (22) 

2014年04月 (22) 

2014年03月 (24) 

2014年02月 (23) 

2014年01月 (19) 

2013年12月 (20) 

2013年11月 (12) 

2013年10月 (25) 

2013年09月 (16) 

2013年08月 (6) 

2013年07月 (12) 

2013年06月 (8) 

2013年05月 (1) 

縄文レストラン
来年度、笹山遺跡で新たなプログラムを行うことになっています。

いままで「笹山縄文カレッジ」として色んなワークショップを行ってきたところですが、新たに「体感プログラム」を加えます。

仮にカレッジのほうがモノを「作る系」だとするなら、新しい体感プログラムはモノを「使う系」だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。しかも観光と手を結んでいくという、教育委員会の部局としてはちょっとアクロバットな。

ところで、作るのも使うのも同じくらい楽しいわけですが、「使う系」はなんでいままで少なかったのでしょう。

ひとつには、考古学の流れと関係があるかもしれないと僕は思います。考古学は出土遺物に基づいて、特に製作の過程を分析することが多かったので。

もうひとつあげるとするなら、お金や労力の問題かもしれません。
作るための材料は安いけど、使うための完成品を用意するのは大変だという・・・・世知辛い話ですみません。

でも最近は、出土資料の種類が豊富になってきて、またそれに伴って色んな分析科学が増えてきました。お蔭で製作だけでなく実際の使用の過程も調べることが出来るようになってきて、もはや本来は目にすることのできない行為の復元まで手が届く気がしてきた、というところです。そしてありがたいことにこういう使う系プログラムに対して補助金がつくことも多くなりました。これで二つの問題ともクリアできて、実現にこぎつけられるわけです。ありがたや。

来年度、笹山遺跡で「縄文レストラン」をはじめます。それも縄文料理を復元住居で、ではなくその斜め上、料理家に監修してもらう縄文的料理を野外レストランで提供することになります。この体感プログラムは今までより明らかに多くの人の心を躍らせるだろうと思います。

まだまだ準備段階ですが、僕自身もワクワクしています。みなさんもどうかお楽しみに!


調査員 阿部

(2019年11月28日)

▲このページのTOPへ