十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財
木造十一面千手観音立像
この立像は、市内四日町の神宮寺観音堂内に本尊として安置されている、11〜12世紀、藤原時代(平安時代後期)の作風を持つ当地方最古の仏像です。

桜材の一木造りで、像高は107cm余り。宝髻の頭に十一面の化仏をいただき、条帛、天衣、裳をつけ、四十二臂をもち、真手は合掌、他の手は持物をもっています。肉身部には白土を、衣裳には朱を塗り、厚く太造りの体躯が特徴です。

また、一見平凡な庶民的面貌をもちながらも、全体として神秘的な形態をとり、神像彫刻に通ずるおもむきを持った本地仏(神々の本来の姿としての仏を表現した仏像)の好個の遺品として貴重な存在です。

普段は厨子内に秘仏として安置されていますが、毎年1月17日と7月15日〜17日の2回御開帳が行なわれ一般に公開されます。また33年に一度、33 日間の長期御開帳が古来行なわれますが、最近では平成5年にこの祭事が盛大に挙行されました。(文化財課)

▲一覧へ戻る