十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財
木造聖観音立像
市内水沢地区新宮・牧新田にある牧脇観音堂に、本尊として祀られる聖観音像です。保存状態もよく端正な像で仏像調査の結果、戦国時代末期ころ製作されたと考えられています。像高87,5cm、髪際高76,5cm、台座全高22cmで寄木造。

肉身を現さない着衣の聖観音像ですが、この様式は鎌倉時代に入宋僧によって採用されて以来、各地に造立されています。
少し顎のはった平滑な面に細く見開く目や、やや厚い上唇をもつ整った面貌を持ち、形式に則りながらしっかりとまとめられていて堅実な作風が感じられます。

元亀3年(1572)の縁起が残されていますが、調査によりこの頃に製作された可能性が高いと判断されました。 
 
市内には江戸時代以前の仏像は極端に少なく、遠く古代にまで遡る神宮寺の本尊と脇侍二天王像以後、江戸時代までの500年間を埋める数件しか確認されていません。江戸時代に近いとはいえ、この仏像は中世末の貴重な資料です。(文化財課)

▲一覧へ戻る