十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財
太子堂村検地帳
検地帳は、領主が行った土地の測量調査(検地)の結果を記したもので、年貢賦課の基礎となる台帳です。

本資料は、太子堂の若井基八郎氏の所有で、1.永禄・天正期(1558〜1591)ころ2.文禄4年(1595)〜慶長2年(1597)ころ3.慶長3年(1598)ころ4.正保4年(1647)の4点からなります4.以外は落丁や破損があり、年月・検地役人の項は残念ながら見られませんが、戦国末期から江戸前期にわたる太子堂村の耕地の変遷や住人の生活の様子を知る手がかりとなる貴重な資料です。

1.は天正年間の可能性が高く、「新潟県史」にもこの時期の検地資料は掲載されていないため、希少性の高い資料です。
2.は表紙に「吉田源三分」とあり、太子堂村が上杉景勝の家臣・吉田の管理下にあったことを示しています。
3.は表紙に「多いしたう村」と記されています。堀秀治の越後入封に伴って行われたものです。
4.は表紙に「正保四年丁亥ノ霜月十六日、大井子道村御検地帳」とあります。

妻有郷の他村には見られない検地で、慶長検地以来50年を経過し、田の開発とともに畑の田への転換も進んでいる様子がうかがえます。(文化財課)

▲一覧へ戻る