十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

指定文化財|十日町市博物館

HOME > 情報アーカイブズ > 指定文化財

情報アーカイブズ|遺跡

情報アーカイブズ|指定文化財

情報アーカイブズ|出版・刊行物

羽川城跡
この城は、六箇麻畑地内にあり、狭長な尾根筋に築かれた城で、全長400を超え、市内最大規模の城跡です。

城跡に登るには塩沢方面に向かう県道の秋葉橋を左折し、山頂に祀られた秋葉三尺坊大権現の参道を上ります。この城の特徴は空堀が多用されていることです。

尾根上の郭を区画する空堀はいずれも二重堀で、上面幅が広く、戦国時代の城の特徴を示しています。
背後の空堀は九条ありますが、防備の発達した戦国時代の城跡としても、このように徹底した施工は珍しい例です。
また、土塁や郭の保存状態も良く、市内に残された貴重な城跡と言えます。
伝承では、南北朝時代に活躍した新田氏一族の武将、羽川刑部の居城だったとされますが、様式からみて戦国時代築城の可能性が高い城です。

六箇を通る県道は昔、関東街道などと呼ばれ、関東への最短距離として特に軍事面で重要でした。上杉謙信が関東へ兵を進めた道であり、後継者景勝の出身地上田(現六日町)と春日山城を結ぶ大切な道でもあります。この城は信濃川渡河地点の琵琶懸城と並んで、街道の押さえに位置する重要な城でした。(文化財課)

▲一覧へ戻る