十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

常設展示|十日町市博物館

HOME > 常設展示 > 越後アンギン

新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器(国宝)

縄文ムラのくらし

縄文人の生と死と

大井田城と伊達八幡館

越後縮の紡織用具及び関連資料(重要有形民俗文化財)

十日町の積雪期用具(重要有形民俗文化財)

越後アンギン

絹織物

郷土植物園と遺跡ひろば

越後アンギン
越後アンギンとは
 アンギンとはカラムシ(苧または苧麻と書く)などの植物繊維を細い縄や紐にし、スダレや俵を編むのと同じ技法で作った編み布のことです。この布の起源は古く、縄文時代前期(約7,000〜5,500年前)にまでさかのぼり、室町時代の絵図などにもそれらしき表現がみられるなど、極めて長い歴史があります。
 この布はしかし、他の繊維製品が普及するとともに減少し、今では伝統技術を保存したり普及する目的以外で作られておらず、日常生活の中からは姿を消してしまいました。
 近現代においてアンギンが実際に実用されていた地域は、全国を見わたしても現在の十日町市から津南町にかけてのみだったといわれています。しかも最後に実用されたのは明治時代までで、昭和28年に小林存(ながろう)氏がアンギンを再発見したとき、のちにアンギンを製作したことのある最後の人とされた松沢伝二郎氏は85歳となっていました(同氏の存在が知られたのは昭和35年)。現代においてまさに消え入る寸前の技術だったのです。
袖無し

 アンギンは、経糸(たていと)で緯糸(よこいと)とを絡ませながら編んだものです。製作工具は経糸を掛けるケタと、その両端を支える脚を組み合わせたものが本体で、それに経糸を巻く複数のコモヅチで一式になります。

越後アンギンの製品
銭袋 前掛け
前当て
越後アンギン伝承会
越後アンギンを復元し技術を伝承するために、市民有志による伝承会が平成6年に組織され、現在も活動を続けています。
興味のある人には会員が編み方を教えてくれます。博物館へお問合せください。

活動日:第1、3金曜日
会員数:約10名

伝承会で作成したアンギンは、コースターなどの商品としてミュージアムショップで販売しております。
ざっくりとした質感に味わいがあります。ぜひご利用ください。

伝承会の皆さん アンギン編の様子 完成です!

▲このページのTOPへ