十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

常設展示|十日町市博物館

HOME > 常設展示 > 縄文ムラのくらし

新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器(国宝)

縄文ムラのくらし

縄文人の生と死と

大井田城と伊達八幡館

越後縮の紡織用具及び関連資料(重要有形民族文化財)

十日町の積雪期用具(重要有形民俗文化財)

越後アンギン

絹織物

郷土植物園と遺跡ひろば

縄文ムラのくらし
縄文時代

 まだ長い氷河期が続いていた約16,000年前、人々は伝統的な移動生活を続けるなかで、土器を作り、弓矢を使う狩猟を始めました。土器を作るようになった理由はまだわかっていませんが、弓矢を使うようになったのは動物を狩るための方法が大きく変わったことを意味しています。

 それからさらに約4,500年ほどの年月を経て、気温が上昇し、安定した気候になったとき、人々は移動生活をやめて定住生活を始めました。季節ごとに食料の得られる場所が大きく変化せず、同じ場所に住み続けても、森、川、海から豊富な食料が得られる環境になったからです。

 縄文人は安定した気候と豊富な食料資源に支えられて人口を増やし、その後の約1万年間に社会・文化的に著しい発展を遂げました。信濃川中流域(現在の長岡市、十日町市、津南町を含む地域)では、特に縄文時代中期(約5,500〜4,500年前)に人口が増え、大規模な集落が営まれ、そして文化的な爛熟期を迎えました。

 この時期に作られたのが火焔型土器です。この装飾に富む土器は、当時の技術や生活水準の高さを示す、人類史的に貴重な文化遺産といえます。

秋の一日
 縄文時代早期以降(約11,500年前〜)になると、縄文人は竪穴住居などを作って定住生活を始めました。人々は季節に応じ、獣、魚、植物などをとって食料にし、秋には冬を越すための食料の獲得、貯蔵、燃料の備蓄、土器づくりなど、ムラを営むのに必要な作業を力を合わせて行いました。
秋の一日
縄文時代中期(約5,500〜4,500年前)
竪穴の住まい
 ひとつの竪穴住居の中には数人が暮らしたと考えられています。住居の天井や柱の後ろは食料や焚木を貯蔵する場であり、また炉の周りは仕事、料理、食事する場でもありました。生活に必要なひとつひとつの作業と住居空間との対応関係は現在よりもずっと緩やかだったのです。それゆえ、住居のなかは、炉の火を囲んで家族が団欒(だんらん)し、祖先から知恵を語り伝える場でもあったと想像できます。
竪穴の住まい
縄文時代中期(約5,500〜4,500年前)

▲このページのTOPへ