十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

常設展示|十日町市博物館

HOME > 常設展示 > 絹織物

新潟県笹山遺跡出土深鉢形土器(国宝)

縄文ムラのくらし

縄文人の生と死と

大井田城と伊達八幡館

越後縮の紡織用具及び関連資料(重要有形民俗文化財)

十日町の積雪期用具(重要有形民俗文化財)

越後アンギン

絹織物

郷土植物園と遺跡ひろば



絹織物

 江戸時代の終わり頃には、高機(たかばた)で絹織物を織り出すようになりました。明治以降、十日町の織物は麻から絹へ急速に移行し、工場制工業へ発展しました(右画像:明治時代末期の機織場)。
 明治33年(1900年)に「十日町大火」で街の大半を失いましたが、人々は街を再建し、染織学校を設立し、新製品開発を続けた結果、明石ちぢみや意匠白生地(いしょうしろきじ)などを生みだし、絹織物産地の地位を確立しました。しかし、昭和15年(1940年)の奢侈品禁止令により織物産業は大打撃を受けました。



 第2次世界大戦が終わって、十日町の織物産業は十日町小絣(こがすり)、マジョリカお召(おめし)(左画像:昭和35年)、黒絵羽織(くろえはおり)など、次々と新製品を発表しました。
 昭和30年代には後染織物へ進出し、40年代には染織の総合生産体制を確立させて大きく成長しました。

(常設展示ガイド/十日町市博物館編2014 を改変)
明石ちぢみの時代

 明治の初め頃には、十日町の絹織物の主流は夏物の透綾(すきや)(絹縮)でした。
 明治10年(1878年)頃の商品は平透綾(ひらすきや)と呼ばれ、セミの羽のような薄い生地でした。
 その後、細糸づかいの撚透綾(よりすきや)を考案し、明治20年(1888年)頃になると、細糸に反対方向に撚った細糸をらせん状に巻きつける壁透綾(かべすきや)という新しい製品を開発しました。

 一方、明治20年(1888年)頃に西陣からちぢみ織の見本裂(みほんぎれ)が十日町にもたらされました。その源流は播州明石(現在の兵庫県明石市)といわれています。十日町で改良を加えて片シボから両シボ、絣から縫取りへと発展させ、さらに「ちぢまぬ明石」、「ぬれない明石」を開発しました(上画像:常設展示の明石ちぢみ)。
 昭和4年(1929年)にはこれを売り出すための「十日町小唄」を発表して宣伝し、一世を風靡しました。明石ちぢみは、絹織物産地十日町の基礎を確立した看板商品になりました。

(常設展示ガイド/十日町市博物館編2014 を改変)


▲このページのTOPへ