十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

新着情報|十日町市博物館

HOME > 新着情報
安吾フェスin十日町 〜十日町で、安吾を語ろう〜
第34回国民文化祭・にいがた2019及び第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会の十日町市主催事業「安吾フェスin十日町」を開催します。
日本近現代文学を代表する作家「坂口安吾」にゆかりの深い十日町市において、安吾作品や十日町市松之山との関わりについて理解を深めるとともに、地元「松之山安吾の会」をはじめ、各地の安吾の会や安吾ファンが一堂に会してその魅力を語り合います。

[1日目]
■日時・定員
2019年10月19日(土)13時〜16時 定員70人

■会場
大棟山美術博物館(十日町市松之山1222番地 TE:
025-596-2051)

■内容
・十日町高校松之山分校書道選択生徒による書道作品の披露
・下山静香ピアノ(+α)コンサート「安吾が愛したサティ 〜音楽界の悪童〜」
・各地の安吾顕彰団体による活動紹介

※いずれも入場無料・事前に申込みが必要

[2日目]
■日時・定員
2019年10月20日(日)10時〜16時 定員90人

■会場
十日町情報館(十日町市西本町2丁目1番地1 TEL:025-750-5100)

■内容
・映画「白痴」上映(坂口安吾原作・手塚眞監督作品)※15歳未満の入場不可
・手塚眞氏(ヴィジュアリスト)による講演
・坂口綱男氏(写真家・著述業)による講演

■申込み
チラシの申込書または必要事項(参加イベント・氏名・連絡先)を十日町市文化財課(十日町市博物館内 ☎025-757-5531)へ 
※定員になり次第締め切り

○関連事業
十日町情報館において「安吾特設コーナー」を開設(9月2日〜10月20日まで)

■お問合せ先 
十日町市教育委員会文化スポーツ部 文化財課
TEL: 025-757-5531 

□チラシ
下記よりダウンロードしてください。

(2019年10月10日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山遺跡出土品国宝指定20周年記念シンポジウム「縄文の国宝」
縄文時代の国宝が出土している5つの自治体が集まり、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、縄文文化の魅力を情報発信し、どのような「まちづくり」に取り組んでいるのか、お聞きします。また、料理研究家の土井善晴先生、文筆家の譽田亜紀子先生をお迎えし、スペシャルトークを開催します。

■日時
2019年11月9日(土曜日)13:00〜17:00

■会場
越後妻有文化ホール「段十ろう」(新潟県 十日町市本町1丁目上508-2)

■参加方法
事前申し込みが必要です(下記のお申込・問合せ先へ)

■内容
【第1部】13:00〜 事例報告「縄文国宝の活用とまちづくり」
  福田 裕二 氏(函館市教育委員会文化財課 学芸員)
  小久保 拓也 氏(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館 学芸員)
  豊岡 将志 氏(舟形町教育委員会教育課 課長補佐)
  菅沼 亘 氏(十日町市博物館 学芸員)
  山科 哲 氏(茅野市尖石縄文考古館 学芸員)

【第2部】15:00〜 スペシャルトーク「縄文と国宝の魅力」
  譽田 亜紀子 氏(文筆家)「国宝土偶の楽しい見方、お伝えします!」
  土井 善晴 氏(料理研究家)「縄文と和食」

【同時開催】12:00〜17:00 「縄文の国宝」ポスターセッション

■お申込み・問合せ
十日町市教育委員会文化スポーツ部文化財課
TEL: 025-757-5531(博物館共用)

(2019年10月03日)



▲このページのTOPへ
Oh!むかしマルシェ
オーガニック&クラフトをメインにしたマルシェです。商品を買って「おおむかしポイント」を集めれば、先着で素敵な景品をプレゼントします。お楽しみに!

■日時
2019年9月29日(日曜日)午前10時〜午後3時

■会場
笹山縄文館・遺跡広場(十日町市中条乙3081番)
☆縄文時代と鎌倉〜戦国時代の遺跡です。史跡「笹山遺跡」として保存し、復元住居や土器の出土状況モニュメント、案内看板などが設置されています。

■店舗
【食品販売】
〇中条農商工れんらく会…縄文と地元特産品PR
〇渓谷のカレー屋さんチャドカン…地元食材のバングラディシュカレー
〇茅屋や…ジビエ肉焼き
〇マルニチガイ・丁字…古代小麦の丸パン、シナモンロール、食パン、菓子など
〇CoCoPane…伝統食材を使った自家製酵母パン
〇乾物屋の今井商店…昆布やわかめ、えご草や煮干しなどの乾物

【物品販売】
〇アトリエきのこ…キノコを主題にしたハンドメイド作品
〇伊乎乃(いおの)の里・縄文サポートクラブ…土器マグネットなど

【ワークショップ】
〇NE運命解析学 ohana支部…あなたの運命を大きく変える
〇なつめのお庭…ドクダミの化粧水作り、アロマスプレー作りなど

【リラクゼーション&ヒーリング】
〇縄文おてあて屋 あわのま…縄文おてあてヒーリング、カードコーチング・ライフペイジズ
〇☆to-Happy☆…足分析、足つぼ

 and more…

■特典
〇Oh!むかしマルシェ ポイントカード※カードは無料
大昔からのものが意外と身近にある!ことを感じて楽しむカードです。購入した商品が「縄文っぽい」ほど高いポイントが付きます。10ポイント集めると、先着で素敵な景品をプレゼント!

〇風船
遊びに来てくれたお子様全員にプレゼント!


□主催 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
□運営・お問合せ 伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

(2019年09月13日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
博物館夏季企画展「博物館と友の会40年の歩み」
昭和54年(1979)に開館した博物館と博物館友の会は、今年4月、ともに設立40周年を迎えました。この大きな節目を記念して、夏季企画展「博物館と友の会40年の歩み」を開催します。
友の会の活動の根幹であり、大きな特色となっている9つの研究グループの活動と主な成果を展示します。あわせて、令和2年(2020)6月にオープン予定の新しい博物館について紹介します。

■会期
2019年7月27日(土曜日)〜9月16日(祝日)

■会場
博物館2階 特別展示室

■入館料
300円(団体20名以上250円・中学生以下無料)

■開館時間
9時〜17時(入館は16時30分まで)

■休館日
7月29日(月曜日)、8月5・19・26日(月曜日)、9月2・9日(月曜日)

展示構成
・写真で振り返る40年の歩み(パネル展示)
・友の会だより「火焔」のすべて(1号から最新号を展示)
・新しく生まれ変わる博物館(パネル展示)
・研究グループの歩み(活動状況パネル・研究成果品を展示)


(2019年09月12日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
第11回山内写真館資料写真展「昭和の十日町」
 元号が令和となって初の開催となる今回は、「昭和の十日町」をテーマとし、当時の町並みや人々の賑わい、雪国の暮らしなどの写真や、第18回から第23回(昭和42年〜昭和47年)「十日町雪まつり」のポスターの実物を含め、約80点を展示します。

 関連イベントとして、山内写真館2代目店主・山内与喜男氏が昭和30、40年代に撮影した「昔の十日町」の8ミリフィルムの映写会と、ボランティアメンバーが選んだ「わたしの1枚」の発表会を開催します。

■会期
2019年9月24日(火曜日)〜10月6日(日曜日)※休館日なし

■観覧時間
午前9時〜午後7時

■会場
十日町情報館 ギャラリー(十日町市西本町二丁目1番地1)

■観覧料
無料

■関連イベント
「昔の十日町」8ミリフィルム映写会&「わたしの1枚」発表会

(1)日時
2019年10月3日(木曜日)午後1時30分〜午後3時

(2)会場
十日町情報館 視聴覚ホール

(3)定員
先着90名(入場無料、事前申し込み不要)

(4)内容
【第1部】「昔の十日町」8ミリフィルム映写会
【第2部】「わたしの1枚」発表会
十日町市古文書整理ボランティアのメンバーが、整理作業をとおして特に心に残った写真をスライドで映写しながら、その写真に関連する思い出やエピソードやなどを発表します。

◇主催
十日町市古文書整理ボランティア、十日町市教育委員会文化スポーツ部文化財課

(2019年08月29日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 青春18土器作り
約20センチ大の縄文土器を作る体験講座です。
土器を作るのが初めてか、それに近い方を対象に行います。

■日時
2019年9月7日(土)・8日(日)・14日(土)・28日(土)全4回 10時〜15時

■会場
笹山縄文館・遺跡広場

■内容
・約20センチ大の土器を1点作ります。基本は笹山縄文館にある土器をモデルにしますが、自由に作るのも可能です。
・粘土や基本的な道具は主催者が用意します。
・最終日は、土器焼き&土器鍋昼食会を行います。(食材は参加者持参。鍋用土器は主催者用意。)

■講師
小沢吉彦さん(伊乎乃の里・縄文サポートクラブ)

■申込み
・申込先
十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課

電話 025−757−5531(十日町市博物館共用)
E-mail museum.10@city.tokamachi.lg.jp

・申込期限
8月31日(日曜日)

■対象・定員
どなたでも・10名

■チラシ
以下よりダウンロードしてください。

(2019年08月20日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
講演 最新の研究からわかった縄文時代
国宝指定20周年/博物館開館・友の会設立40周年記念講演会を開催します。
講師に国立歴史民俗博物館の山田康弘さんを迎え、「最新の研究からわかった縄文時代」と題してご講演いただきます。

■日時
8月31日(土曜日)午後2時00分〜午後3時30分(開場午後1時30分)

■会場
越後妻有文化ホール 段十ろう

■内容
演題「最新の研究からわかった 縄文時代」
講師 国立歴史民俗博物館 教授 山田康弘さん

■申込み
・申込先
十日町市博物館
電話 025−757−5531
E-mail museum.10@city.tokamachi.lg.jp

・申込期限
8月30日(金曜日)午後5時

■チラシ
以下よりダウンロードしてください。

(2019年08月20日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
夏休み親子たんけん隊 真夏の縄文キャンプ
縄文人のムラで自給自足生活を体験します。イベント中は、原始弓矢を自作してからの射撃体験、勾玉作り、食器作りなどの体験のほか、一風変わったコーヒーやスープの振る舞いもあり、普通のキャンプイベントでは味わえない、縄文色豊かで自然を活かした体験をご用意。余裕をもってのんびり過ごしたい派の方にもぴったり!

■日時
2019年8月17日(土)13:30〜18日(日)11:00

■会場
笹山遺跡広場および笹山縄文館
(新潟県十日町市中条乙3081番)

■参加方法
下記に代表者の氏名、住所、電話番号、参加人数(大人、子どもそれぞれ)を添えてお申込みください(先着順。定員に達し次第締切り。)

 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
 〒948-0072 新潟県十日町市西本町1丁目382番地1(博物館内)
 TEL:025-757-5531
 FAX:025-757-6998
 E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

・締切 2019年8月10日(土)

・参加費 高校生以上 2,000円、小・中学生 1,000円、乳幼児 無料

■内容
【1日目】13:30〜
集合・説明
生活用具を手作り(弓矢、勾玉、食器類)
まっくらナイトハイク、たき火のかたらい
縄文コーヒーの無料ふるまい
縄文広場にて各自就寝

【2日目】〜11:00
起床
朝スープの無料ふるまい
みんなでラジオ体操
つくった弓矢で射撃大会(景品つき)
解散

※参加費はお一人様につきかかります。
※テント、寝袋、食料、調理用具などのキャンプ用品はご持参ください。食事の調理等は各自で行って結構です。トイレ、水道は笹山縄文館にあり、自由に使えます。お風呂はありませんが、車で10分程度のところに温浴施設があります。
※天気予報が思わしくない場合や参加申込数が極端に少ない場合は中止することがあります。中止を決定した際は、お申込みいただいた電話番号に事前に連絡させていただきます。

(2019年07月13日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
夏休み親子自由研究サポート 縄文土器をつくろう!
「国宝・火焔型土器」で知られる笹山遺跡で、親子で縄文土器作りを題材にした自由研究をしませんか。縄文土器に関する様々な形の自由研究を学芸員が優しく丁寧にサポートします。
工作コースと、工作+壁新聞コースがあります。

■日時
【工作コース】
1日目:2019年8月4日(日曜日)午前9時30分〜12時15分
2日目:2019年8月25日(日曜日)午前9時30分〜12時15分

【工作+壁新聞コース】
1日目:2019年8月4日(日曜日)午前9時30分〜15時
2日目:2019年8月25日(日曜日)午前9時30分〜15時

※両日参加必須です

■場所
笹山遺跡・笹山縄文館(十日町市中条乙3081番)

■内容
【工作コース】
1日目:土器の形作りと文様付け
2日目:土器焼き

【工作+壁新聞コース】
1日目:土器の形作りと文様付け、壁新聞ガイダンス@
2日目:土器焼き、壁新聞ガイダンスA

■参加方法
【対象】小学生と保護者
【定員】親子20名
【参加申込み】事前に参加申込みが必要です。下記の「申込先」に電話かe-mailにて、保護者の氏名、郵便番号・住所、電話番号、小学生の人数、参加するコース(工作コースか、工作+壁新聞コース)をご連絡ください。

【申込先】
十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
電話:025-757-5531
e-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

【申込期限】
2019年7月28日(日曜日)

■参加料
500円(両コース同額)
*1人分の材料費です。保護者の方が作ることも可能です。この場合も同じ料金を人数分頂戴します。

■保護者の皆様へ
・児童のみでは参加できません。内容的に、しばしば保護者の手助けが必要になることがあります。
・壁新聞ガイダンス@は、土器の作り方とテーマ設定について、同Aは記事の作成からレポートや壁新聞のまとめ方についてです。レイアウトから清書はご自宅でお願いします。
・2日目は縄文人と同じくたき火で土器を焼いていただきます。火傷にご注意ください。また、熱中症対策は各人でお願いします。
・材料と道具は主催者が用意しますが、筆記用具、ノート、汚れてもよい服装、2日目は以上に加えて長袖、軍手、帽子、タオル、飲み物、昼食、1日目の配布プリントをご持参ください。
・2日目が雨天の場合は、壁新聞ガイダンスAのみを実施します。土器は文化財課でお預かりし、後日焼いてからお渡しします。郵送も可能です(着払い)。

□主催 十日町市教育委員会
□協力 伊乎乃の里・縄文サポートクラブ 

*チラシは下記の「PDFファイルのダウンロード」をクリックしてご覧ください。

(2019年07月03日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
HAKKAKE展示 十日町市最古の狩猟具
十日町市で最古の道具、狩猟具を展示します。
この狩猟具は今から約3〜2万年前の石器で、市内の3箇所の遺跡から出土しました。氷河期の移動生活が続いたこの時代において、石器を作るための最も洗練された技術の一端を垣間見ることができます。是非ご覧ください。

■期間 2019年6月5日(水曜日)〜8月5日(月曜日)
   
■場所 十日町市市民交流センター「分じろう」内
   文化歴史コーナー「HAKKAKE」(十日町市本町2丁目226-1)

■内容 市内3遺跡出土の旧石器時代資料、展示解説パネル

(2019年06月05日)



▲このページのTOPへ