十日町市博物館

English
Site Map
Inquiries

新着情報|十日町市博物館

HOME > 新着情報
HAKKAKE展示 フクベ(夕顔瓢)
干瓢(かんぴょう)にして食べたり鯨汁(くじらじる)に入れたりすることで知られている夕顔は、「ユウゴウ」と呼ばれています。

かつては食べるだけではなく、中をくり抜いて乾かし、瓢箪と同じように容器としても使っていました。これを「フクベ」といい、特別なあるものを入れるために使われていました。

フクベにはいったい何を入れていたのでしょうか。
答えはHAKKAKEにて!

■会期
2018年12月5日(火曜日)〜2019年2月4日(月曜日)
(時間は会場の規則に従います。)

■会場
HAKKAKE
(十日町市市民交流センター「分じろう」1階 文化歴史コーナー)

■内容
フクベ(国指定 重要有形民俗文化財「十日町の積雪期用具」)、展示解説パネル



(2018年12月03日)



▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 縄文的チンコロ作り
十日町地域に伝わる、福を呼ぶしんこ細工の縁起物「チンコロ」。普通は犬や干支などをかたどって作りますが、それを土偶などをかたどって作ってみませんか。

■日時
2018年12月16日(日曜日)午前10〜11時

■会場
十日町市笹山縄文館(十日町市中条乙3081番2)

■参加方法
事前申し込みが必要です。下記に参加者(代表)の氏名・住所・電話番号、人数をご連絡ください。

 十日町市教育委員会文化スポーツ部 文化財課
 電話:025-757-5531

 ◎申込期間:11月16日〜12月9日

■参加料
作る方1人につき400円(多色を使い、数個作れます)

■定員
10名(先着順)

■講師
滝澤青葉 氏(伊乎乃の里・縄文サポートクラブ)

■運営
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

(2018年11月06日)



▲このページのTOPへ
国宝出土地・笹山遺跡(第11次調査)現地説明会
本説明会(下記)は、諸般の事情により28日の実施を見送ることにいたしました。ご予定くださっていた方には大変申しわけありませんが、ご寛恕くだるようお願い申し上げます。

***************************

国宝・火焔型土器で知られる笹山遺跡の第11次調査が間もなく終了します。今回の調査では、縄文時代のものと思われる焚き火跡と縄文土器破片が出土しました。また、水無川の洪水や縄文時代集落の立地に関係する地形的な情報も得られました。

現地説明会は以下の予定で開催します。雨天の場合は調査区解説は中止とし、出土品解説と笹山縄文館整理・収蔵室の見学のみとなります。延期はしませんのでご了承ください。

■日時
2018年10月28日(日曜日)午後1時30分〜2時30分

■会場
笹山遺跡(新潟県十日町市中条乙3081番地)
笹山縄文館前に駐車場があります。

■内容
調査区および出土品解説
*笹山縄文館の整理・収蔵室の見学も可能です(解説付き)

(2018年10月23日)



▲このページのTOPへ
HAKKAKE展示 その硯はだれのものか 伊達八幡館跡出土品
今から700年ほど前、伊達地域を治めていた鳥山氏。上野(こうづけ)の新田氏を祖にする里見氏系の一族です。その伊達地域にある「伊達八幡館跡」は住居の周囲に深い堀を巡らせた館で、鳥山氏に関連する建物と考えられています。

この館跡の発掘調査では、銅製の仏具や高級な陶磁器などとともに日用品である硯(すずり)も出土しました。この硯は京都周辺の産地からえられた石材を使用しており、当時の広域流通網の発達を如実に語るものです。

鳥山氏の一族が日用に使った硯から、南北朝時代をくぐり抜けた彼らの息づかいと、時代の空気を感じることができることでしょう。ぜひご覧ください。

■日時
2018年10月3日(水曜日)〜12月3日(月曜日)
午前9時〜午後5時
*開室のスケジュールは下記会場の都合によります

■会場
HAKKAKE(はっかけ)
(十日町市市民交流センター 分じろう 文化歴史コーナー)

■内容
硯1点、解説パネル

(2018年10月05日)



▲このページのTOPへ
第10回山内写真館資料写真展 「思い出の十日町の街並み」
■会期
平成30年9月25日(火曜日)〜10月8日(月曜日・祝日)

■時間
午前9時〜午後7時

■会場
十日町情報館ギャラリー
住所 十日町市西本町二丁目1番地1
電話 025-750-5100

*博物館ではありませんのでご注意ください。

■入場料
無料

□10回記念講演会及び「私の1枚」発表会

■日時
平成30年10月6日(土曜日)午後1時30分から(午後3時30分終了予定)

■会場
十日町情報館 視聴覚ホール

■入場料
無料

■内容
・記念講演会
講師 山本哲也 氏(新潟県立歴史博物館 学芸員)
演題 「文化財を守るために ―博物館のチカラと市民のチカラで―」

・十日町市古文書整理ボランティアメンバーが選んだ「私の1枚」発表会

■入場料 無料
■定員 先着90名

(2018年09月10日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 青春18土器作り
土器を作るのが初めてか、それに近い方を対象にして土器作りを行います。年齢制限はありません。

■日時
2018年9月1日(土)、2日(日)、8日(土)、29日(日)
10:00〜15:00(ただし、最終日のみ12:00まで)

■会場
笹山縄文館・笹山遺跡広場(十日町市中条乙3081番2)

■対象・定員
どなたでも・10名

■料金
300円(材料費)

■参加方法
事前に参加申し込みが必要です。募集期間内に申込先まで、氏名、住所、電話番号をご連絡ください。先着順で定員に達し次第締め切ります。
 
・募集期間
  2018年8月1日(水)〜8月25日(日)
・申込先
  十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
  電話 025-757-5531(博物館共用)
 
■講師
小沢吉彦 氏

■内容
・高さ20cm程度の土器を作ります
・笹山縄文館に所蔵している土器をモデルにしますが、作りたい形がある場合は自由です
・粘土や基本的な道具は運営側で用意します
・期間中、作りかけの土器は笹山縄文館で保管できますが、持ち帰ってご自宅で進めることもできます(運搬用具はご自身で用意してください)
・最終日は焼成作業のみです
・焼成後、残り火を使って土器鍋昼食会を行います(土器は運営側、食材は参加者が、それぞれ用意する)

■注意
・申込後に予定が変更になった方は主催または運営に必ず連絡してください。
・縄文人は土器作りの名人です。もしうまく作れなくても落ち込まないでください。
・最終日は火傷に注意してください。
・ご不明な点があれば主催または運営までお問い合わせください。

■主催・運営
主催 十日町市教育委員会事務局文化ポーツ部文化財課
運営 伊乎乃の里・縄文サポートクラブ(facebookページ:下記リンク先URL参照)

(2018年07月30日)

【URL】https://www.facebook.com/伊乎乃の里縄文サポートクラブ-630578277276943/
【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
夏休み親子自由研究サポート 縄文土器を作ろう!
この講座は、申込者数が定員に達しましたので、受付を終了しました。



夏休みの自由研究・工作で、縄文土器を作ってみませんか。縄文土器作りを課題とする自由研究・工作を学芸員が丁寧に指導します。

土器作りだけを行いたい場合は「工作コース」、壁新聞もあわせて作りたい場合は「工作+壁新聞コース」にご応募・参加下さい。

■日時
2018年8月5日(日曜日)・19日(日曜日) *両日参加必須

【工作コース】両日ともに 9:30〜12:15
【工作+壁新聞コース】両日ともに 9:30〜15:00

■会場
笹山縄文館および笹山遺跡広場
新潟県十日町市中条乙3081番ほか

■内容
【工作コース】
1日目:
縄文土器作りをします。土器は持ち帰って乾燥させてください。乾燥させなければ焼けません。
2日目:
自分で作った縄文土器を笹山遺跡広場で野焼きします。

【工作+壁新聞コース】
1日目:
午前は縄文土器作りをします。
午後は縄文土器に関する講義を受け、縄文土器作りの工程をノートに記録します。

2日目:
午前は自分で作った縄文土器を笹山遺跡広場で野焼きし、学習した工程通りにできるかを検証します。
お昼の休憩時に、火焔型土器(模造)で作った縄文鍋を試食します。
午後は自分で作った土器を学芸員の指導に従って観察しノートに記録します。1日目と2日目の記録ノートから好みの情報を抜き出して壁新聞の下書きにします。
*レイアウト・清書などはご自宅で行ってください。

■講師
阿部敬(十日町市博物館学芸員)

■参加申込
下記に氏名(全員)、住所、電話番号、子どもの人数、希望するコース(上記「内容」を参照)をご連絡ください。

 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
 電話:025-757-5531(十日町市博物館共用)

 期限:2018年7月29日(日曜日)
 ただし、定員に達し次第、受付を終了します。

■参加資格・定員
子どもとその保護者・15名

■料金
400円(土器作りの材料費)

■持ってくるもの
「工作コース」参加の方:両日ともに汚れても良い服装、2日目は帽子、長袖、飲み物、自分で作った土器。
「工作;壁新聞コース」参加の方:両日ともに汚れても良い服装、2日目は帽子、長袖、飲み物、昼食、筆記用具、1日目で作った記録ノート、自分で作った土器。

■協力
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

■笹山縄文カレッジチラシ
下記PDFをダウンロードしてください。

(2018年06月27日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
夏休み親子たんけん隊 いきなり!縄文キャンプ
国宝・火焔型土器の笹山遺跡で縄文人生活の1日体験を行います。竪穴住居に寝泊まりしながら、縄文的な食事作り、道具作り、夜の周辺散策など、てんこ盛り。夏休みの思い出に!

■会期
2018年7月28日(土曜日)14時〜29日(日曜日)12時

■会場
笹山遺跡広場(新潟県十日町市中条3081番)

■内容
食器作り、夕食(土器鍋・BBQ)作り、夜の周辺散策、復元竪穴住居での就寝、朝食作り、勾玉作り

*都合により予告なく変更する場合があります。
*トイレ、水道は敷地内の笹山縄文館にありますのでご利用ください。
*季節柄、たいへん暑くなることが予想されますので、熱中症などには十分にご注意ください。

■対象・定員
子どもとその保護者・計12名

■持ち物
寝袋、長袖(火を扱う際の危険防止のため)、帽子、水筒

*敷物、調理器具、食器、食材、道具製作資材は主催者側で用意します。参加者ご自身が必要と思われるものの持ち込みは特に制限しませんが、他の参加者様のご迷惑にならないようご配慮ください。

■料金
1人あたり1,000円

■参加申込
事前申し込みが必要です。下記まで参加者氏名、住所、電話番号をご連絡ください。

申込先:十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
TEL:025-757-5531 E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

申込期間:2018年6月28日(木曜日)〜7月21日(日曜日)

*定員に達し次第締切ります。

■運営
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ

■笹山縄文カレッジチラシ
下記よりダウンロードしてください。

(2018年06月21日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
笹山縄文カレッジ 古代糸作り
カラムシとアカソを使って昔ながらの糸作りを行います。出来上がった糸に土偶チャームをつけてお持ち帰りできます。

■日時
平成30年7月22日(日曜日)
午前9時30分〜午後3時

■会場
笹山縄文館・駐車場

■講師
伊乎乃の里・縄文サポートクラブ(金子和宏 氏)

■対象・定員
小学生以上・10名

■料金
200円(材料費)

■予約
7月15日(日)までに下記までご連絡ください。定員に達し次第締め切ります。

 十日町市教育委員会事務局文化スポーツ部文化財課
 電話:025-757-5531
 E-mail:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

(2018年06月18日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ
博物館講座 郷土の遺産VII 信濃川
郷土の遺産シリーズのパート7として、博物館の展示テーマ「雪と織物と信濃川」のひとつである「信濃川」について学びます。

【第1回】
■日時 平成30年6月9日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題 「信濃川と旧石器・縄文人の関わりについて」
■講師 佐藤 信之 氏(津南町農と縄文の体験実習館なじょもん)

【第2回】
■日時 平成30年6月16日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題 「信濃川の河岸段丘 ―変動する大地の証拠―」
■講師 竹之内 耕 氏 (フォッサマグナミュージアム)

【第3回】
■日時 平成30年6月23日(土曜日) 午後1時30分〜3時
■演題「信濃川の木造船について」
■講師 森 行人 氏 (みなとぴあ 新潟市歴史博物館)

【会場】十日町市博物館2階 集会室
【定員】各回40名 (事前の申込みが必要。先着順、受講料不要)
【申込み】電話、ファックス、電子メールのいずれかで、住所、氏名、電話番号を下記までご連絡
ください。

【問合せ】
 〒948-0072 十日町市西本町1丁目382番地1 十日町市博物館
 電話:025-757-5531
 ファックス:025-757-6998
 電子メール:museum.10@city.tokamachi.lg.jp

【案内チラシ】
下記よりダウンロードしてください。

(2018年06月01日)


【PDF】PDFファイルのダウンロード
▲このページのTOPへ